メインイメージ

寄付金の取り扱い

一般社団法人設立後の寄付金に対する税務上の取り扱い

一般社団法人の中には、設立後の運営に必要な資金の多くを寄付金で賄おうと考える人が少なくありません。もし、一般社団法人が寄付金を募る場合は、お金を拠出する方と受け取る方の双方の税務上の取り扱いがどうなるのかを理解しておく必要があります。一般社団法人が設立後に寄付金を集める場合、税務上の取り扱いは非営利型の法人であるかどうかによって異なります。

寄付金を受け取る側については、非営利型法人として設立したのであれば法人税の課税対象所得の計算に寄附金による収入を算入する必要はありませんが、非営利型法人に該当しない場合は寄附金の収入も益金として計上し、所得の計算を行う必要があります。非営利型法人は法人税法上の「公益法人等」に分類され、収益事業の実施によって得た所得以外は法人税の課税対象範囲から除外されます。寄附金や会費を集める行為は一般的に収益事業には含まれないため、法人税の税額を計算する際に所得に算入する必要はありません。

一方、寄附金を出す側については、寄附者が法人だった場合に優遇措置の対象となります。ある法人による一般社団法人への寄附は、相手が非営利型法人であっても普通法人であっても、一定の限度額を超えない範囲で損金として算入することができます。寄附者である法人の事業年度が12ヶ月である場合、損金に算入可能な寄附金は、資本金の0.25%に相当する金額と、所得金額の2.5%に相当する金額の合計金額に4分の1を乗じて算出される金額までが限度となります。

非営利型の一般社団法人が公益社団法人となると、寄附を受ける公益社団法人は、収益事業によって獲得した資金を公益目的事業のために支出した場合に、その支出額の一部を寄附金とみなして損金に算入することができるようになります。寄附者については、個人の場合は所得税の寄附金控除の対象となり、1年間に出した寄附金から2,000円を差し引いた金額を所得から控除でき、法人の寄附者は一般社団法人に寄附した場合より多くの金額を損金に算入できるようになります。

法人の寄附は、寄附金を出す側と受け取る側の双方にメリットがあるのが理想です。一般社団法人の場合は、寄附を受ける側は非営利型法人だと益金に算入せずに済むメリットがあり、法人の寄附者は非営利型かどうかに関係なく寄附金を損金に算入できるメリットがありますが、個人の寄附者にとっては税法上のメリットは全くありません。そのため、一般社団法人が寄附を募る場合は、個人から広く薄く集めるより、法人から多額の寄附を募った方がお金が集まる可能性が高いといえるでしょう。